megurokouseihp_55

2016年2月21日(日)に「地域健康フェスティバル2016」とのタイアップで「無理のない運動を卓球で体験してみませんか?」を開催しました。

このイベントは厚生中央病院が地域の皆様に信頼され親しまれるよう、地域住民に向けて毎年開催する医療に関する、楽しいイベントです。               

本年は、このイベントのキラーコンテンツとして、誰もが気軽に楽しめる「健康卓球」を開催し、その魅力を伝え、普及をめざし、このイベントに参加する多くの来場者に「健康卓球」の素晴らしさを実感して頂くことを目的として開催しました。

 

場所

全国土木建築国民健康保険組合 総合病院 厚生中央病院
(〒153-8581 東京都目黒区三田1-11-7)

開催日時

2016年2月21日(日)
健康卓球「無理のない運動を卓球で体験してみませんか?」13:00~15:00
※地域健康フェスティバル は10:30~15:00

内容

■健康卓球「無理のない運動を卓球で体験してみませんか?」
〔第1部〕四元選手が卓球の楽しさ、無理ない動きでできる卓球を紹介し、来場者と卓球を楽しむ。
〔第2部〕ネスレヘルシーキッズ「健康卓球」
〔第3部〕全員で卓球ラリーを楽しむ

参加者

地域住民の方々

インストラクター・演者等

四元奈生美

四元奈生美 選手(プロ卓球選手)

卓球を華やかなイメージにし、メジャーな競技にしたいという思いから、自らのウェアデザインを始める。
2007年1月、全日本選手権大会にて”誕生”をイメージしたユニフォームで出場。テーマ「生まれる」というワンショルダーデザインは今までにない斬新なデザインで一躍メディアに取り上げられた。
その後、ジャンヌダルクをイメージした「革命」「喜怒哀楽」「希望」等、さまざまな作品を手掛け続いている。2009年から、自身のスキルアップの為、東京モード学園(スキルアップコース)へ通いデザインやカラーコーディネート、ヘアアレンジ等の知識を学ぶ。
2010年、中国・広州で行われた国際卓球連盟主催プロツアー大会にて、”Final Winner”のファッションショーを開催。中国・香港等、各メディアに取り上げられた。

2000年  インカレ優勝
2001年  ユニバーシアード北京大会  団体戦3位
2004年  中国リーグ超級参戦 北京チーム所属 同リーグ初優勝
2008年  全日本選手権 混合ダブルス準優勝
2013年  現役復帰

 

地域健康フェスティバル2016

地域健康フェスティバル2016は以下の内容で実施されました。

○計測ツアー
○手術室体験ツアー
○なりきりキッズ写真館
○講習会(AED操作講習・転倒予防体操
○1dayリボンハウス
○健康卓球「無理のない運動を卓球で体験してみませんか?」
など

chiikikenkoufes_1 

 1dayリボンズハウスのプログラムとしては、[メディカルカフェ]の講演、「心と体が楽になるセルフマッサージ体験講座」などが催されていました。

screenshot_205screenshot_206

なかでも、セルフマッサージ体験では、(一社)クリニカルセラピスト協会代表理事で、キャンサーリボンズのボランティアスタッフとして活動をサポートされている、小林彩起子さんを講師に迎え、自宅で簡単にできるセルフマッサージの方法を体験。
来場者、入院・通院中の患者さん、厚生中央病院のスタッフの皆様が、熱心に話を聞いている様子が印象的で、会場の椅子が足りなくなるほどの盛況ぶりでした。

 

無理のない運動を卓球で体験してみませんか?
第1部「健康卓球エキシビション&デモンストレーション」 

今回、地域健康フェスティバル2016のキラーコンテンツとして

「無理のない運動を卓球で体験してみませんか?」

をテーマに、四元奈生美選手による  健康卓球エキシビション&デモンストレーション(四元選手による模範演技及び公開演技)を行いました。

四元奈生美選手が卓球の楽しさ、無理ない動きでできる卓球を紹介し、来場者も共に卓球を楽しみ、「健康卓球」の素晴らしさを実感して頂くことができたのではないかと思います。 

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-30

楽しく身体を動かせるため、思わず笑顔に。

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-35 

お上手な方も、そうで無い方も。レベルを問わずに楽しめるのが「健康卓球」の魅力。

 2016年健康卓球サミット目黒バージョン-31

小さなお子さんもパパと一緒に参加。

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-27

スタッフと一緒に楽しむお子さんも。

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-32

普段着でも気軽に楽しめる「健康卓球」をたくさんの方が楽しみました。

 

無理のない運動を卓球で体験してみませんか?
第2部「ヘルシーキッズ [健康卓球] 」

第2部では「ヘルシーキッズ [健康卓球]」と題し、[栄養のお話]と[ヘルシーキッズ【健康卓球】デモンストレーション]を行いました。

 

①栄養のお話 <10分間>

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-39

講師:福島洋一氏 /ネスレ日本ウエルネスコミュニケーション室長)

栄養の3色分類。赤・黄・緑の分類とそれぞれがタンパク質、炭水化物、ビタミン・ミネラルに対応することを説明。 ※高齢者のたんぱく質不足、子どものビタミン・ミネラル、特にカルシウム不足のお話しも。

 

②ヘルシーキッズ [健康卓球] デモンストレーション <5分間>

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-43

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-45

指導は、四元奈生美選手&卓球講師:3名

2016年健康卓球サミット目黒-40

 

 

無理のない運動を卓球で体験してみませんか? 
第3部「全員で卓球ラリー   皆で卓球を楽しむ!!」

第3部では「全員で卓球ラリー   皆で卓球を楽しむ!!」と題し、来場者全員でラリーを楽しみ、たいへん盛り上がりました。

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-53

「健康卓球」は大人数で楽しむことも出来ます。

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-59 2016年健康卓球サミット目黒バージョン-56

医療従事者の方もリフレッシュになったでしょうか。

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-50

色々な年代の方で賑わいました。

 

無理のない運動を卓球で体験してみませんか?
参加者全員で記念撮影

記念撮影と四元さんのサイン入りボールのおみやげを受け取り、イベントは終了。
たくさんの方々と楽しい時間を共有できました。
参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-62

みんなでパチリ。

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-61

四元さんも素敵な笑顔で。

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-64

ボールにサインしてくださる四元さん。

2016年健康卓球サミット目黒バージョン-63

これが四元さんのサインです。

 


地域健康フェスティバル2016「無理のない運動を卓球で体験してみませんか?」

■日時:2016年2月21日(日)13:00〜15:00
  ※地域健康フェスティバルは 10:30〜15:00

■会場:全国土木建築国民健康保険組合 総合病院 厚生中央病院
  (〒153-8581  東京都目黒区三田1-11-7)

■参加者:地域住民の方々

■参加費:無料

■主催:全国土木建築国民健康保険組合 総合病院 厚生中央病院

■共催:日本医師会

■後援:目黒区

■特別協力:一般社団法人卓球で日本を元気にする会、ネスレ日本株式会社

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone